コツがわかれば格安の費用で単身赴任ができる

レディ

単身で引っ越す時のコツ

女性

年度末の繁忙期を避ける

引っ越し業者には年間を通して忙しい時期とそうでない時期があります。少しでも安く引っ越しする時は、なるべく忙しい時期を避けた方がいいのです。単身赴任の場合は新年度に向けて異動することが多いので、2月から3月にかけて引っ越す人が多いです。この時期は引っ越し業者にとって最も忙しい時期と重なるので、料金も高くなります。1ヶ月早く必要な荷物だけを送るという方法をとれば安くすることができます。単身赴任の場合は引っ越し先が会社の寮だったり契約マンションだったりするので、もし空いていれば早めに荷物だけ引っ越せばいいのです。繁忙期にかかってしまうと引っ越し業者の空きトラックがなくなるので、できれば12月中に見積もりをしておくようにします。

単身用のパックを選ぶ

単身赴任の場合、寮やマンションが会社所有の場合があります。備え付けの家電製品などがあるかどうか事前に確認しておけば、余計な荷物を増やさずに済みます。また前任者が不要な家具や家電製品を置いたまま異動するケースもあるので、その点もチェックしておけば再利用できます。引っ越し業者の中には単身用のパックといったプランを用意している所もあります。その場合はコンテナの大きさによって値段が違ってくるので、できるだけ荷物の量を少なくすれば小さなコンテナで間に合います。料金も安くなります。海外への単身赴任の場合は大手の引っ越し業者が対応していますし、海外専門の業者もあります。このような業者は税関の手続きなども全てやってくれるので便利です。

引っ越す時の費用

作業員

引っ越し業者を選ぶときには見積もりで料金を明確にしてから契約したほうが安心です。そのためには複数の業者から最適な業者を見つけることが大切になりますから、一括見積もりなどを利用して比較しながら決めましょう。

Read More

引っ越しの荷物

箱と女性

引越しの荷造りをする時間がないなら、おまかせパックを利用して業者に荷造りをすべてお願いしてしまうと良いでしょう。自分で荷造りをするときは、詰めおえたダンボール箱のスペースを事前に確保しておくようにしましょう。

Read More

一人暮らしの荷造り

メンズ

単身者の引越しは日程の融通がききやすいので、料金の安い平日やフリー便などを利用してみると良いでしょう。単身パックを利用すれば、通常よりもお得な価格で引越しすることができます。単身パックはあらかじめ荷物の量が決まっているので、その範囲を超えないように荷造りしましょう。

Read More